胃にやさしい食事のしかた

胃にやさしい食事のしかた

現代人の生活はストレスや不規則な生活習慣といったように、ついつい胃に負担を掛けがちです。胃に負担をかけない様にするためには、まずストレスをためない生活習慣にすることが改善の近道です。

そして、できるだけ規則正しい生活を送り、十分な睡眠をとること、1日3回の食事を摂ることです。

普段から暴飲暴食は避け腹8分目を心掛ける、アルコールを摂りすぎない、高カロリー・高脂肪食品を食べすぎない、カフェインや香辛料など刺激物を控える、添加物や塩分を摂りすぎないことも重要です。

また、時間に余裕のある時は適度な運動をしたり、好きな音楽を聴くなど自分なりのストレス解消方法を見つけておくのも良いでしょう。

このような一連の流れで生活のリズムが整い、食欲がわき自然と食事の回数も増えてきます。すでに胃痛や胃もたれ、胸やけなど胃にトラブルを抱えている場合は食欲も落ちがちで、そんな時は無理に食事を摂ろうとせずに、疲れた胃を休ませてあげることも大切です。


ただし、水分の補給はこまめに行ないます(脱水防止のため)。
胃の調子が回復し食欲が湧いてきたら、野菜スープやお粥・うどんといった胃にやさしい消化の良い食事から摂り始めます。
また、卵料理や大豆食品・白身魚も消化のよい食品です。

規則正しい食習慣にするとともに、ストレスに負けない体作りのための食事の取り方も必要です。
カルシウム、ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンE、βーカロテン、良質なたんぱく質を積極的に摂ることでストレスに負けない身体を目指します。
食事は、一般的には1日3回取られます。

生活スタイルにもよりますが、朝、昼、夜に食事をとるのが最も良いとされています。
特に、大事なのは朝食であると言われます。


朝食は一日の一番最初に取る食事であり、一日のエネルギー源となるものです。

朝起きてすぐにはあまり食べられないからと朝食を食べない人もいますが、朝食を食べないとエネルギー不足で身体がすぐにダウンしてしまいます。

また、朝食で摂取したカロリーはほとんどが一日の活動で消費されてしまうので、ダイエットで食事制限をしている人も、朝食にたくさん食べても太りません。しっかりと朝ご飯を食べる時間を確保し、習慣化するのが大切です。


昼食も、残り半日のエネルギーとなるためしっかり取ったほうが良いです。夕食は、朝・昼で摂取できなかった栄養分のバランスコントロールを考えると良いです。
もちろん、量を多く食べたほうが健康には良いですが、もし体重を気にしているならば夕食の量を減らすのが一番ましです。
また、夕食は食べる時間にも気をつけるべきです。

寝る直前に食べると寝つきが悪くなってしまいますし、あまりにも遅い時間だと肌荒れや肥満の原因になってしまいます。
最も理想的な食事の中身は、野菜、魚、肉、炭水化物、乳製品などがバランスよく摂取できているものです。また、忘れられがちですが、定期的に果物を食べて糖分やビタミンを摂取することも大切です。

さらに、水分を摂ることも忘れないことが大切です。

知って大満足のkyoto tea ceremony情報サイトについて考えます。









http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1140355826

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/5340362.html

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/7015383.html

    関連リンク

    • カロリー管理の健康的な食事で体重制限が果たせる

      食欲は、人間が生きていく上で必要な欲求です。それだけに、毎日の食を充実させることによって、人生を豊かにすることができます。...

      detail
    • グルメ料理のクーポン券で豊かな食事を楽しむ

      外食では、大変楽しい時間を過ごすことができます。友人や仲間たちと共にグルメな料理街に立ち寄れば、そこで美味しい料理に舌鼓を打ちながら団欒の時間を過ごすことができます。...

      detail